不動産業

不動産業の社長様
手元資金を多く残す節税方法を教えます。

不動産業のみならず全業種のほとんどの社長様が節税=経費を作ると勘違いされています。

  • 節税=経費を作ることではありません。
  • 節税=手元資金を多く残すことなのです。

仮に1,000万円会社に利益が出たとします。
税金部分は約400万です。よって手残り資金は600万です。
もし、1,000万円の利益に対し、1,000万円経費を使ったとしましたら、税金はかかりませんが手残り資金はゼロです。

どちらが会社の為に有効なんでしょうか?
松岡公認会計士事務所は

  • 手元資金を多く残す節税対策を実施致します。
  • 会社の資産・社長個人の資産を総合的に試算し、一番効果的な記帳方法を見つけます。
  • 不動産の購入・売却の時期を消費税のテクニックを駆使してご提案させて頂きます。
  • 金融機関における自社の格付けをアップできるような決算書の作成を支援させていただきます。
    (ただし、粉飾決算や違法なことをお勧めするわけではありません。)

以上のようなことを積極的にご提案させて頂きます。

松岡公認会計士事務所は、従来のただ記帳して試算表を毎月提出するだけの事務所ではございません。
社長様が安心して事業拡大に邁進できますよう全身全霊でご提案させて頂きます。